麒麟 が 来る 最終 回。 【長谷川博己】「麒麟がくる」最終回「本能寺の変」は1回で描ききる不安|日刊ゲンダイDIGITAL

「麒麟がくる」最終回 黒田官兵衛役は濱田岳「恐悦至極」14年「軍師官兵衛」右腕・栗山善助から“殿”に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(75)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生を描いた。 小和田哲男が「麒麟がくる」の時代考証を担当しており、この説を取り込むことを良しとはしないと予想。 その名は織田信長と申す。

『麒麟がくる』最終話で示された「麒麟」の正体 「愛ゆえの信長殺し」のもたらしたもの(堀井憲一郎)

腹を切ってうつ伏せで倒れている画も、かえってリアルでよかった。 いかがでしょう。

4

門脇麦「麒麟がくる」最終回迎え、号泣エピソード

戦国の世の巨大な武将二人だから、大軍を動かして対峙する形になってしまっているが「かつて同じことを夢見た二人の痛切な別離」を描き、見てるものの胸を揺さぶる。 物語の舞台は「本能寺の変」から3年後へ。

8

「麒麟がくる」最終回あらすじ判明 光秀“鬼の形相”も饗応役解任!信長から“ある究極の命令”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

そして駒は市場で、光秀らしき人物の後ろ姿を見かける。

6

『麒麟がくる』最終話で示された「麒麟」の正体 「愛ゆえの信長殺し」のもたらしたもの(堀井憲一郎)

約2カ月の放送休止を余儀なくされたが、放送回数は当初の予定通りの全44回を行う。

6

「麒麟がくる」信長の残虐さ極まれり…最終回予告で光秀「我が敵は織田信長と申す」|シネマトゥデイ

ここで、ドラマの主題にもある麒麟とは王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣のことです。

2

麒麟は来るのか来ないのか ゆかりの地、最終回登場待つ:朝日新聞デジタル

愛ゆえの「本能寺」での殺戮 『麒麟がくる』の本能寺の変は、「明智光秀は、織田信長のことを大事におもっていた(俗にいえば好きだった)からこそ信長を殺した」ということを強烈に示していた。 最後が駒のアップでがっかり。

8

「麒麟がくる」最終回に「ガッカリ」の声殺到!「光秀がナレ死とは」「結局麒麟は来たの?来なかったの?」「山崎の戦いスルーかよ」「信長強すぎだろ」: J

・栃木県の日光に「明智平」と呼ばれる場所があり、天海が名付けたと伝えられている。 第43回「闇に光る樹」では、信長が、もはや言いなりにならない正親町天皇()の譲位を本格的に進めるべく、その責任者を光秀に任命。 初回の19・1%に次ぐ番組2位の高視聴率で有終の美を飾った。

「麒麟がくる」最終回 黒田官兵衛役は濱田岳「恐悦至極」14年「軍師官兵衛」右腕・栗山善助から“殿”に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

麒麟には感謝しかない。 「光秀生存説」を見せ、「ぶっとんだラスト」であったが、つまり「本能寺の変のあと」はこの物語にとってあまり重要ではないと示しただけではないだろうか。

18